本文へスキップ

静岡県西部地区と愛知県東三河地区の介護用品&補聴器専門店 福祉用具専門相談員がレンタル・販売・住宅改修の環境づくりをサポートします。

お気軽にお問い合わせください053-482-3939

本社:〒432-8068 静岡県浜松市西区大平台4-1-14

介護保険制度についてnursing care insurance

介護が必要な人を社会全体で支えあう制度です

介護が必要な人を社会全体で支えあう制度です

用語解説(特定疾病)

加齢(老化)との関係がある疾病、要介護状態になる可能性が高い疾病で16疾病が指定されています

がん(がん末期) 関節リウマチ 筋委縮性側索硬化症 後縦靱帯骨化症 早老症骨折を伴う骨粗しょう症 初老期における認知症 脊髄小脳変性症 脊柱管狭窄症 多系統委縮症 脳血管疾患 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症、及び糖尿病性網膜症 閉塞性動脈硬化症 慢性閉塞性肺疾患 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病

サービスの利用手続き

サービスの利用手続き
介護保険サービスを利用するにあたっては、あらかじめ、どのくらいの介護が必要かという「要介護認定」を受けます。要介護認定は市区町村の窓口で申請するところから始まります。認定が出ると結果が通知されます。

要介護度ごとの利用限度額

在宅サービスの利用にあたっては、要介護状態区分ごとに保険が適用となる上限額(支給限度額)が定められています。上限を超えて利用した分については、全額が自己負担になります。
認知症の度合いによっても介護度が変わります。
居宅療養管理指導など、一部適用外のサービスがあります。
要介護認定を受けた人は介護保険で定められたサービスや福祉用具を 本人負担1割 で利用できます
(利用限度額は介護度によって変わります)